東武鉄道  8000系
 
  この顔といえばもう「東武だ!!」とピンとくることでしょう。昭和38年から東武のほぼ全線で活躍しているのが8000系。「私鉄の103系」と呼ばれることからもおわかり頂けるように同一形式では私鉄最多の700両余りが製造されました。
そのため、更新工事も盛んに行われていて、外観だけでも画像とは異なるブラックフェイスの顔をもつ車輌がいれば、LED表示機を取り付けたりHIDランプを取り付けたりと…もはや十人十色の様相を呈しています。トホホ・・・。
今回は未更新車の車内です。この車内も2001年の取材後、数年経たずに更新と相成りました。(外観画像は取材車とは別の車輌の画像です。)
(取材 東武東上線・和光市〜志木/小川町)

 

 

 


ということで車内もなんとな〜く古めかしい雰囲気になっています。クリームの化粧板に青い床…東武といえばこのイメージの車内を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、今では逆に少数派になってしまいました。

4ドアロングシートですが、地下鉄線内の乗り入れには対応していません。


車端部に近づいてみました。妻面は左右二枚の縦長戸袋窓、そして両開きの貫通扉で構成されています。この貫通扉、この車輌が登場した時は西武、京王など採用した会社が多かったようですが、今回取材した東武8000系の貫通扉、雰囲気や窓の支持方法から考えると一回交換しているような気がするのですが、気のせいでしょうか。
そして貫通扉の上には広告枠がついています。さすが東武です。


将来お世話になるために撮影しておきました、債務の…(以下自粛 でなくて、貫通扉のついていない車端部では窓が開けられるようになっています。そして、消火器は宙ぶ・ら・りになっています。いやぁ物々しいといいますか、でも目立っていていいんじゃないですか?車内ギリギリまで座席が設けられているので、このような措置をとっています。


乗務員室との仕切りです。若干窓の位置が高いのですが、保護棒や吊革まで完備して、少しでも掴めるところを多くとっています。画像右は取材車のプレートと仕切り扉の上に貼られていたステッカーになります。今はやっているか否かはわかりませんが、先頭車同士で連結する時は仕切り扉などを開放して隣の車輌と行き来できるようにしています。そのため若い輩を中心に溜まり場になる事が多いのですが・・・それに対して東武は「鉄道営業法第33条」なるものを紹介して注意、立ち入らぬよう喚起しています。

・・・・・・これ、北海道や近畿のワンマン列車にも貼った方がいいんじゃないんですか??とは旅先にてワンマン列車が今宵のお供になることが多い自分のヒトリゴトです。笑。


天井です。冷房のダクトは必要最低限の設置で、縦長のものが左右についています。


窓は毎度お馴染み2段窓。結構バタツキが激しかったのでは、なんて記憶があります。
カーテンはだいぶ日に焼けてよれよれですが(^^;; ベージュのカーテンは更新工事とともに取り替えられたと思います。


さて、座席です。まずは7人掛けのロングシートからどうぞ。緑を基調としたモケットで、背もたれには着席区分を示す黄緑のグラデーションがプリントされています。
座り心地ですが、結構巷では定評がある東武通勤車のシートだったので期待大だったのですが…えぇ、座面が思いっきりベコベコでした。午後は○○どころの騒ぎではありません、品質保持期限が切れているのでは?!と思うくらいクッション性がなかったです。

・・・結局更新工事の際に座席もひととおり整備されたことかと思います。本当に一番ヤバかった時に居合わせたのですね
(>..<)


優先席はこのように「シルバーシート」そのもののモケットになります。4人掛けの座席です。
結構もっさりしたように見えますね。


最後にドア上の「東武名物 その2!」説明のとおりですが、このランプがなんともレトロで…(^^;;
上州名物からっかぜ!との熱き戦いを強いられる東武8000系。このような装置は頼もしい限りです。
ひとつ前に戻る
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー