札幌市交通局  東西線8000形[初期車]
 
  1998年、これまで札幌の顔として様々な観光地のイラストも載せて走っていた6000形の後継として8000形が登場しました。南北線と似た雰囲気を持ちつつオレンジ色という新たな暖かさをゲットした8000形はシンプルな装いで瞬く間に東西線の主役へと躍り出ました。
現在は全ての車両が8000形に統一されています。東西線も車両統一に伴いワンマン運転が始まり、6000形の時代には無かったホームドアもつけられています。
今回はその中から統一前に製造された初期車を取り上げます。地下鉄車両におけるより厳しい防災基準になる前に作られた事もあり、随所に札幌市交ならではのこだわりも垣間見える作りになっています。現在も東西線で後期車と分け隔て無く活躍中です。
(取材・画像 札幌市営地下鉄南北線・宮の沢)

 

 

 


車内全景からご覧頂きます。3ドアロングシート車の車内は車体長こそ18m車と平凡なものの車体幅は3mもあり、画像でも普段の車内よりも若干ワイドに見えているかと思います。
また、網棚が無い分天井周りがスッキリしている点も広告代理店的には見逃せません。これは東西線に限らず札幌市交通局ではお馴染みの仕様。次世代の通勤車でも勿論受け継がれています。
暖色系の車内は外観の柔らかさと良いバランス。ホッとできる色和えです。


乗務員室との仕切りです。さすがに地下鉄ということだけあって仕切り窓は最低限に抑えられています。昔の札幌市交通局だったらこの面に札幌の観光施設を描いていたのですが…さすがに新車ではやらないようです(^^;;
面白いのが消化器のポジション。堂々と真ん中に設置されています。隅や座席下など、目立ちそうで目立たない位置にいることが多い消化器もこの車両なら認知度抜群です(^^;;;

 
車端部は2種類。車椅子スペースの有無が主な差になります。後期車ではこのスペースに貫通扉がついていますが、初期車は貫通扉がついていません。6角形の貫通路は札幌市交車のシンボルとも言えるのではないでしょうか。
車椅子スペースは各編成2ヶ所についており、札幌市交通局のwebサイトでその位置が紹介されています。優先席の向かいの座席や車椅子スペースも含めて携帯電話の電源をオフにするよう促しています。

車椅子スペースです。床の色を変えて立席スペースであることをアピールしています。非常通報機こそありますが握り棒は簡単な装備に留めており、意外や意外壁に備え付けのヒーターがありません。地下鉄車内は個別ヒーターもいらないほど暖かいのでしょうか(^^;; また、網棚が一切ありませんがこれはもう他の部分でも見慣れています(^^;;;


天井です。フラットな天井はラインデリアを中央に配し、両脇にカバーつきの蛍光灯を装備。地下鉄車両としてはかなり気合いが入っており、天井周りのごちゃごちゃした雰囲気を打ち消しています。
吊革はバンドが短いのが特徴で、数も多く備えています。


貫通路付近を見る形で床を見ています。フットラインが石畳のように見えるキレイなプリント柄で、貫通路部分も同じ柄に揃えています。その両脇はグレー、車椅子スペースはベージュで整えており、後者の方を目立たせています。
ガチャガチャ言いそうな予感もしますが、貫通路から機械的な接触音は目立って聞こえませんでした。

 
ドア周りです。左の画像は停車駅一覧のみ備えたドア。右の画像は前者に加えてLED表示器も備えたドアになります。これらを千鳥配置でせっちしているわけですが、扉窓の広告やステッカーが何よりも目立ってしまっています。
ドアそのものは化粧板を貼ったおとなしいスタイルで、大きなドア窓は段差を極力作らないよう工夫されています。

LED表示器の有無で差がある停車駅一覧です。停車駅はオレンジ色で点灯しており、次駅案内や地下鉄の宣伝を流すLEDとの相乗効果も抜群。ただ、この装置を作ってしまうと駅が増えたり乗り換え相手が増えたりすると太刀打ちできません。もう延伸計画は無いのでしょうか。
見た目があまり違わない点は好感が持てます。


窓周りです。縦長の3連窓は一部窓の開閉が可能で、やはり網棚が無い分開放的に見えます。
が、そこにも広告が・・・(^^;;;


座席です。まずはドア〜ドア間のロングシートからです。9人掛けという長めのロングシートは座面のみバケット状になっています。モケットは茶色で、背面のグレーのプリント柄が暖色系のベースをクールに魅せています。
南北線5000形とは違い、座席下のヒーターカバーは床まで覆われています。ヒーターにもそれなりに期待が持てるわけですが、袖仕切りの作りはちょっと寒そうです…。

 
車端部は4人掛けのロングシートです。ギリギリまで座席が設けられており、ドアと座席の間の隙間は殆どありません。右の画像は優先席柄で、こちらは100%爽やかなグリーンと青のコラボレーション。普通の座席と合わせてミントチョコといった組み合わせでしょうか(^^;; そちらも座面に区分分けがなされています。

端の席はかなり窮屈そうですが、乗車時間も短いのであまり問題にはならないでしょう。それよりも貫通路からやってくる寒い風の方が心配です。


クローズアップ袖仕切り。化粧板の他にアルミでしょうか、ちょっと硬そうな四角い棒も袖仕切りとして機能しています。ここにモケットでも巻く予定があったのでしょうか?
普通は角を丸くすると思うのですが、あえて「当たると痛い」選択肢を選んだようです。


そして貫通路の鎖ゾーン。これにぶら下がって遊んではいけません。
後期車に乗った事がないのですが、貫通扉がついた後、この鎖や握り棒がそのまま残っているかどうかが気になります。そしてこの物々しい空間、隣の車両へ移るのが少しだけ億劫になるのは自分だけでしょうか。床の同化と壁のギャップは凄まじいとしか言いようがありません…。

ひとつ前に戻る
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー