札幌市営地下鉄  南北線5000系
 
  日本最北の「南北線」の新車として知られるのがこちらの5000系。1995年に登場し、北海道初の地下鉄車だった2000系を置き換えて今ではすっかり南北線の主役として全区間に渡って活躍しています。
パッと見ごくごく普通の、強いて言えば東西線8000系を少々角ばらせた感じの、ごくごく当たり障りの無い通勤車という印象がしますが、南北線初の18m車、そして北海道初の4ドア車・・・!!ってあまりインパクト無いですね(^^;;
車体は白をベースにラインカラーの緑を取り入れたスタイルで、その緑もエメラルドグリーンに近い色を採用しています。これがまた白と合うんです。えぇ、大根じゃないですよ(^^;;;
(取材・撮影 札幌市営地下鉄南北線 真駒内/中島公園)

 

 

 


しかしながら車内は外観とは違って、結構強烈な物が揃っているのが札幌市交のスゴイところ。今回もご多分に漏れず上部の側面から天井にかけてのカクカクして、かつ広告が迫ってくる雰囲気に迫力負けしそうです(^^; 4ドア、ロングシートは地下鉄ならではの構成です。
全体的にシックな、温かみのある雰囲気に仕上がっているだけでなく、ド派手な模様などはあまり用いずにシンプルな車内を心がけているようです。


乗務員室との仕切りです。吊革はここも含めてドア周りにはあまりありません。
地下鉄なので仕方が無いといえば仕方が無いのですが、仕切りの窓がスモークガラスになっているのが特徴で、運転席に車内の光が漏れないように工夫されています。
 

そして逆サイドはおお〜〜きくその先の車内が一望できるようになっています。貫通扉は無く、この独特な形をした貫通路が隣の車輌への架け橋になります。ホロの中ではちゃんと鉄の鎖が車輌間をつないでいるので、尚更「架け橋」状態です(^^;
それにしても・・・大胆。そして豪快です。出てくるはずのコトバを失ってしまいました。
袖仕切りの脇から上に伸びているバーは天井まで直結です。バーは直結しているのに・・・荷棚がありません。


床はツートンに分かれており、ベージュ系の濃淡でフットラインを形成しています。
濃い方の床はコルクをでっかくしたような模様が入っており、単調になりがちな床をささやかに盛り上げています。
そして貫通路付近は・・・カーブにも耐えうる設計なのでしょうか、カメのこうらがどかんと(^^;;;
生まれも育ちもここなのかとカメに小一時間問い詰めてみたいですが、人が渡りやすいようにということと、画像のような3枚ではなく、2枚板だとぶつかった時の音が激しいので、それの防止を兼ねてこのような貫通路にしたものと思われます。


天井はシンプルにラインデリア。そしてその両脇にはカバーつきの蛍光灯が!!いやはやカバーつきですよ!!なんて何度も言ってしまいますが、・・・いいなぁ格好良い見栄え。

ただ、全景の項でも書きましたが天井からドアにかけてナナメに斬ったので、広告はみやすくなっていますが少々圧迫感を覚えてしまいます。スポンサーは大事・・・ですけどね・・・広告ナナメ斬り。


ドアです。いや〜大きく窓がとられています。気持ち良いですね。ただ、でかでかとステッカーが貼られていて魅力半減、といったところでしょうか。化粧板をドアに貼るなど丁寧に作りこまれている部分が多いだけに、逆にそこまで頑張らなくてもいいのに・・・。
また、座席とドアの間が結構詰まっていますが、ドア周りの取っ手はしっかり設けられています。


鴨居部には2種類の表示機が設けられています。一つは停車駅と進行方向を表す物と広告ステッカーのセット(^^;もう一つは停車駅と進行方向に加えてLED表示機による行先や次駅案内と広告ステッカーのセットになります(^^;;それぞれ千鳥配置で設けられており、乗車上の注意はどちらにもついています。やはりこの装置も見やすい環境です。
停車駅と進行方向を表す装置は走る路線がやや短めで、かつその路線専属の車輌ならではの装置ですね。


戸袋窓に目を向けると、小ぶりながら鏡が・・・。さすが、私は夜のあそこは恐くて歩けなかった…ものの、北海道随一の繁華街「すすきの」を抱えている路線のことだけはあります。


座席です。まず6人掛けのものです。北の大地にして片持ち式とはなかなか冒険チックな感じがしますが、モケットは暖かみのある茶系ベースに赤でアクセントをつけています。
背もたれのアクセントの他に、座面のバケット形状が着席定員を促しています。

続いて3人掛けのものです。車端部は肩から腕を収めるスペースが設けられていません。
袖仕切りに穴があいているのがユニークですね。誰かがボコッとやったか否かはさておき、パイプ形状の袖仕切りを一気に今風にするとあのような形になるのでしょうか。立ち客との干渉もばっちりです。

座り心地ですが、ちょっと硬めかなぁといった感じです。ただ着座スポットがかなり限られています。また、座り心地も加味されるのかもしれませんが、加速減速が鋭い札幌市営地下鉄。空いている時に真ん中の席に座ると・・・思わずよろけてしまいます。あの加速の鋭さ、忘れられません。


優先席は深い緑に青系のアクセント。茶色とよくマッチしています。正直「カッコイイ」色あえです。


そして車椅子スペースです。床の色が他とは若干異なります。そして吊革・握り棒も完備。
それにしても・・・ナナメになっている部分の広告枠、上下2段あるとは…おみそれしました。
 
ひとつ前に戻る
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー