小田急電鉄  8000形
 
  「がんぐろ」とはあまり一緒にしたくない「ブラックフェイス」が鉄道車両で流行した昭和50年代。そんな風潮の中、昭和57年には小田急にもブラックフェイスの車輌が登場します。8000系です。地下鉄乗り入れを目的とした9000系のデザインも受け継ぎつつ、さらにシャープにしたような顔で、小田急通勤車の新たなイメージを確立した車輌と言ってもいいかもしれません。登場時から現在まで地上専用車として6両編成と4両編成の2種類を組成して、多摩急行以外の急行・準急・そして各駅停車と幅広い種別を他系列との併結も行いながらこなしています。
そして今後、リニューアル工事やVVVFインバータ制御に足回りを換えたりするそうで、ますます目が離せない展開になりそうです!!
あ、画像は決して意地悪したわけではありません<(_ _)>
(撮影・取材:小田急小田原/江ノ島線・登戸〜和泉多摩川駅/片瀬江ノ島駅)

 

 

 


車内の様子も外観同様シャープ、そしてクールですね。4ドアロングシートの構成は小田急の通勤車共通のものです。
床の緑を少し含めた灰色、そして化粧板の薄めの青が象徴するように比較的寒色系の色で揃えており、更にはカーテンまで青かったりするのですが(^^;8000系までの小田急通勤車でよく使われている内装でした。
江ノ島や箱根など、青や緑を想像させる観光地が近いからでしょうか、結構落ち着きます。

窓は一段下降窓。戸袋窓、妻窓も完備で車窓を眺めるには十分な設備になっています。


ちょっと前に進んでみました。吊革の数が混雑の凄さを物語っている乗務員室との仕切りです。
車体下の方、少し絞っているのがおわかり頂けることかと思います。ラインデリアや乗務員室仕切りの窓などの直線でキリッとまとまった姿が目立つ一方、天井や床に目を向けると車内空間を広くするためにちょっとしたカーブが生かされています。
その仕切りの窓はうれしぃ縦長の3枚。混んでいる急行ではここ狙いというのも良いかもしれませんね。

ところで・・・何か、物足りませんか??


逆サイドはこのように3人掛けならぬ4人掛けの腰掛けが設けられています。
そしてその奥には妻窓に貫通扉。貫通扉のステンレス棒を用いた取っ手は使いやすく、しかもちょっと洒落ていますね(^^)
画像の区画は優先席で、先頭車・中間車ともに各車輌1区画8席分用意されているのですが、最近はそこの区画の吊革が黄色に変更されています。

ところで、何か・・・しつこいですね。はい。


ということで、普段よりも見通しが良い(^^;天井の様子です。
ラインデリアを中央に設けたフラットな天井は蛍光灯の列とともに車内の広さを感じさせます。
さてこの車内、営業列車で取材したのですが、なんと中吊り広告がありません!!
乗客が片っ端から・・・というわけではなく、この車輌、一社の広告を集中的に中吊りや網棚上の広告枠に投入する「イベントカー」という車輌だからです!!で、取材時はスポンサーがつかなかった時は広告がドア上などごく一部を除いて何も掲出されずに運転されていたということになるわけで、うーん大胆・・・。
地方に行くとローカル電車でも広告が少なかったり、大都市を結ぶ京阪特急は雑然とした車内風景を打ち消すために車内に広告を掲出しない方針を打ち出していますが、通勤電車から広告が消えると何か物足りない感じがしました。気づかないうちに、結構広告って見てしまう物なのかもしれません。皆さんはこのような車内の通勤車、いかがでしょうか??


座席です。7人掛けの座席からご覧頂いております。
8000系の座席には昔ながらの紺色のモケットを有した座席と、後年バケットシートに換装した座席の2種類があります。今回取り上げる後者は通勤対策にもってこいのようで、最近増えつつあるリニューアル車も違うモケットながらバケットシートを採用しています。
青を中心に少し模様がついている鮮やかなモケットが惹かれます。明るいイメージですね。
座り心地は若干柔らかめで、しっかりとホールドしてくれます。
残念ながら座席幅が少し狭いような感じがしたのですが、それを引いたとしても案外疲れにくい座席では無いでしょうか?


醜い画像ですみません。優先席は紫の、やはり少し模様がついたバケットシートが使われています。
小田急の優先席のカラーコードが数種類あり、かなりバラつきがあるのは有名?なハナシかもしれませんが、8000系登場時は紺にクリームのラインで9000系などと同一、そしてこの紫の優先席は2000系などに似た色になっており、バケットシートへの交換作業をきっかけに後輩に合わせた感じになっています。
ところで、少し狭いシートになってしまっている袖仕切りの形状も狭くみせている要因の一つかもしれません。その袖仕切りは営団地下鉄や西武鉄道でも見られるものですね。真ん中の棒が途中でちょっと斜めになっているのがアクセントになっています。
あ、斜め2ミリではありません(^^;;;
ひとつ前に戻る
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー