JR東日本  205系(2段窓車)
 
  この顔を見ると「あ、山手線だ!!」とピーンと来るのは多分関東の人だけではないと思います。これも某ヨドバシ○メラのおかげです(^^;;;
そんな山手線に205系が登場したのは昭和60年、まずは先行量産ということで10両編成が4編成、山手線に投入されました。この先行量産車はドアが2段窓(俗に「田窓車」なんて呼ばれる事も(^^;; )になっていることが特徴で、その後1段下降窓で量産車が登場すると、あっという間に山手線における「レア物」扱いになってしまいます。そのレア物、一時横浜線に貸し出されたりしながら比較的地味に山手線で過ごします。その間6ドア車やスカートもくっついたりしましたが、別に「彼もまた特別な孫だからなのです」という扱いではないようで…(^^;しかしながら、間もなく彼らにも転機がやってきます…
(撮影・取材  JR山手線 代々木/大崎)

 

 

 


田窓車が大崎駅構内に入ってきます。
1段下降窓とは異なって、窓の間に入っている横の桟がアクセントになっています。そしてドア窓との大きさのギャップが面白いですね(^^; まるで営団6000系(^^;;


先頭車の車内全景です。左が乗務員室に向かって、右が逆サイドに向かっての画像です。
なかなか落ち着いた雰囲気かと思いきや、広告や吊革のおかげでこれまた賑やかなこと(^^;;。これ、吊革や広告をいっせいに撤去!したらまるで別の車内の雰囲気になりそうで・・・(>。。<
4ドアロングシートの車内で、袖仕切りや座席のつくり、また床などは先輩でもある201系の血筋を感じさせます。


乗務員室の仕切りです。103系以来久々の「3枚窓」に戻りました。この3枚窓の復活に喜んだ方は多分多かったのでは無いかと思います。埼京線などは機器類の増加で真ん中の窓が埋められてしまったのですが、山手線の205系では予めATC機器が床下配備になったため、そのような事は無く登場時のまま推移しています。
ちょっと窓の位置が高いので、良い子のみんなが前を覗く時にはちょっとつらいかもしれません。


そして逆サイドはダブル「こまち」ならぬダブル優先席。次の車輌が6ドア車のサハ204になるので、妻面の扉の奥にスタンディングポールが見えます。
妻面、戸袋窓ともに「コストダウン」のために増備当初からなく、広告枠やステッカーの位置も国鉄時代から変わっていませんが、近年はさらに携帯電話電源オフのステッカーがあちらこちらに貼られ、より一層賑やかになっています(^^;;
嗚呼さっきの乗務員室との仕切りに見られた落ち着いた感じはどこへやら…(^^;;

天井は時々途切れますが(^^;;基本的にはラインフローが続きます。


突如ドアの登場です。外観でご覧頂いたとおり、ドア窓の小ささと銀色の無機質さがやたら目立ちます。
ここも広告で溢れかえっていますが(^^;LED表示機が設けられていない分、鴨居部は至ってスッキリ。鴨居部の左右にあるステンレスのバーは205系で初めて取り入れられた設計で、より一層ドアの存在感アップ!といった所でしょうか。


そしてこの車輌の一番のポイント、側窓です。画像は大崎から五反田にかけて走行中なのですが…いったいいつ取材しているのやらと小一時間業界のお偉い方にツッこまれそうで(^^;;
下段の窓は現在開閉不可能になっています。上段を下げると窓が開く格好で、恐らくバタツキ防止と窓から手や顔や○○を…(以下自主規制)といった対策を講じた結果なのでしょう。武蔵野線や鶴見線の103系でも同様の仕様になっています。
そして窓と窓の間にある桟には化粧板が貼られており、より一層独特な空間になっています。
普通だったら桟を一本だけスカッと通して、そこに化粧板を貼るなんてことはしないのですが…いやぁさすがは天下の国鉄様。手間とお金のかけどころが素晴らしいです。


座席です。まずは7人掛けの方から。同じモケットで3人掛けの席もあります。
数年前までは登場時と同じ茶系のモケットだったのですが、このJR東日本と定員着席をよりイメージしたモケットに貼り替えられました。
座り心地は座面の沈み込みが適量でなかなか良いのですが、時々横須賀線でもないのに中身がスカスカブカブカしている席に当たる事があります(ー。ー

袖仕切りはベージュの濃淡の化粧板を貼って床と、昔の茶系モケットとピッタリ合うような色合いに仕上がっています。座る人が窮屈しないように工夫されています。


そして優先席です。JR東日本の通勤車輌としてはすっかりお馴染みになった優先席モケットが使用されています。
着席区分は特に意識していないものの、斜めに走ったストライプはあたかもイエローロープのそれを連想させるような気がしなくもないです。考えすぎですね(^^;;

なお、この205系には車椅子スペースがありません。山手線は短い間隔でやってきますから、1本見送ってE231系へのご乗車をどうぞ。

[おまけ・・・多分皆さんご存知であろうかと思う情報]
・2005年1月現在 山手線205系の2段窓車は4本全てが在籍中。
・2005年4月にはE231系500番台に統一、山手線における205系運転は終了。
・205系2段窓車は6ドア車を除いた10両4本とも京葉線への転属が最有力。
ひとつ前に戻る
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー