JR東日本 中央線 115系[信州色・更新車]
 
  115系のなかでもフレッシュな塗装を施した、信越地区の115系。中央本線では東京の立川まで入線します。そして、独特の室内に改装した「アコモ更新車」も続々登場しています!!セミクロスシートながら、従来の115系とはまた違った雰囲気を創っていました。
(撮影・取材:JR中央本線・立川/高尾〜相模湖)
 

 

 

 


白系の明るい車内です。吊り革はロングシート部分とドア付近のみとなっています。
また、クロスシート部の背もたれが少し窄んだ形のため、若干広く見えるのは気のせいでしょうか?



妻面の様子。左の壁には配電盤、右は広告枠です。
手前右は優先席で、やはりおなじみのシートが頑張っています。


網棚もリフレッシュ。今風の金網が張ってありますが、なかなか凝ったつくりです(^^;;;



毎クロスシートの様子を外からとってみました(^^; 上の縦縞はカーテンです。
4人がけのクロスシートで、握り棒や肘載せ台がより機能的に、しかしながら面白い形のものを有しています。
画像ではわかりませんが、方持ち式ではないようです(^^;;;機能的に優れており、やや硬いのに目をつぶればお奨めのシートです。



こちらはロングシート部分。バケット式になっており、やはりそれなりには硬いです。
しかしながら紺のモケットは非常にキレイでした。ちなみに、透明の板が握り棒のところに設置されており、寒風対策の他にも立客との干渉防止にも役立ちそうです。ところでここに描かれた花は何??


松本よりのクハの妻面にはトイレと車椅子スペースが設置されています。
その車椅子スペースには何気なく小さくマークがついており、窓の下にはヒーターと握り棒が。そして隣には消火器も。
窓が二つついているのが個人的には115らしくて好きです(^^;;
ひとつ前に戻る
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー